世田谷ゼミのうとうと日記

query_builder 2021/03/22
世田谷ゼミブログ
完全個別ゼミ

今お電話で、保護者のお母様とのお話が終わったところです。


彼はおなかがよく痛くなり、学校にもなかなか行けません。ですが、高校に進学して、調理の道に進みたいと思っています。チャーハンが得意です。

WISCの結果を拝見すると、ワーキングメモリは平均より高いのですが、そのほかの指標が低いスコア。学習障害のグレーゾーンと言ってよいと思われますが、今まで継続して学習を行う分量が少ないために、他のスコアが十分に発達してこないのかもしれません。口頭での説明に対する理解力はしっかりしているので、彼のペースに合わせながら学習を継続して、少しずつ全体の認知量を上げていこうと思います。


学校からは支援級に移ることを勧められていて、出席日数が少ないことをもあり、受験に不安を持たれたお母様からのご連絡でした。


公立高校の入試では、調査書が必要で、中学の評定が必要になとってきますが、定期テストが受けられなかったりして成績がつけられないときには、

1在籍する中学の校長先生の裁量でつける

2空欄(/・・・スラッシュ)にしておき、出願先の高校の校長先生が、入試の成績を考慮してつける

の二つのケースがあります。いずれにせよ、在籍する中学の校長先生の判断になりますので、中学の校長先生と個別に面談をして、ご家庭の進路選択の方針を伝えてよく相談することを強く勧めます。その後、進学を希望する高校の担当者に相談して説明を受けましょう。

なお、都道府県によりますが、欠席が多い事情を考慮するために「自己申告書」を提出することができるので、あきらめずに、出来る準備をしていきましょう。


私立の場合は学校ごとにそれぞれの基準がありますので、進学を希望する高校について調べておく必要があります。学校説明会の機会を利用しましょう。


公立高校でも、通信制や定時制の高校は配慮がありますし、私立では通信制、あるいは通信制が母体になっている全日制の学校などは出席日数が少なくても受け入れてくれます。「高校に行けない」ことはありませんので、焦らず、自身のスタイルに合った学校を納得するまで選びましょう。


学校の支援級ですが、マンツーマンでケアしてくれるところが長所ですね。ただ、一般的に中学生が学ぶようなことをやらないこともあります。認知量を上げるという観点から、学習する事項は制限しない方がよいです。


先ほどの彼も、これから、自分のできることを探していきたい、と話しています。生きたい人生を歩めるように、応援していきます。



「方法が、ある」SMK



<調布ゼミ>

住所    〒182-0026 東京都調布市小島町1-4-6 三田調布シティハウス107
アクセス  【電車】京王線調布駅中央口を出て、線路沿いに府中方面へ徒歩一分。
      【自転車の方】前に無料の駐輪場があります。
TEL    042-426-7295
お休み   年末年始、夏季休業

当塾facebookページはこちら
http://on.fb.me/1W1muwB


<世田谷ゼミ>

住所    〒154-0017 東京都世田谷区世田谷3-2-2 メルシー世田谷103
アクセス  【電車】東急世田谷線世田谷駅下車、徒歩20秒。
      【自転車の方】隣に駐輪場があります。
TEL    03-6804-4076
お休み   年末年始、夏季休業


当塾facebookページはこちら
https://www.facebook.com/%E5%AE%8C%E5%85%A8%E5%80%8B%E5%88%A5-%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7%E3%82%BC%E3%83%9F-105962291577614