調布の塾・完全個別ゼミ

のお客様の声

多様性を尊重できる環境を世田谷と調布に整え、様々な生徒さんの入塾を歓迎

順調な子ども達のみを受け入れるのではなく、適応が難しい個性を持った子ども達、生きづらい子ども達、疾病のある子供たち、あるいは大人になられても、積極的に迎え入れ、それぞれが同じ環境で相互理解し切磋琢磨するための塾を、調布と世田谷に設立しました。
その環境を維持していくためには、懐の深い講師の雇用と育成、よりサポーティヴな学習方法の検討・研究・採用などが必要であり、外部と関係を結んで学習したいと思っている生徒さん、自宅で一人で不安な気持ちで暮らしている生徒さんたちが、自分らしく振る舞えるよう尽力を重ねてまいりました。価値観や個性の違いをありのままに尊重でき、多様性を受け入れる社会実現へ向け、まずは自分達のコミュニティーでその実現を目指します。

多様性を尊重する講師の研修に塾では力を入れ、世田谷と調布で指導

教師という仕事に情熱を燃やし、その仕事に就くことを目指す優しい人達も世の中にはたくさんいらっしゃいます。このような志高い教師の卵が自分の志に従って存分に講師として活躍できる場を整えてまいりました。
当会では、そのような優秀な先生方が、ご自身の教育方針を生かして、生徒と丁寧にかかわっていこうという初心を大切に持ち続け、目の前の生徒のために全力で努力しておられます。
人の個性の多様性を深く理解しようとされる方が集まり、その上で多様な個性とバックボーンを持った生徒様をありのままに理解して教育していくために、多くの先生方が研鑽を積んでおられます。「教授法」をベースに研修を実施し、常に最新の研究結果を反映させて更新される「方法」をもとに指導が行われます。教育の専門家にも情報を発信し続けることを目指しております。
多数在籍している元プロの教師の教育ノウハウを存分に取り入れるとともに、生徒さん達と共に成長し合いながらお互いの多様性について相互理解を深める、そのような講師の先生方がお待ちしております。あらゆる生徒さんが安心して通学できる環境をお届けいたします。

最新の学習理論を取り入れながら生徒さんを世田谷と調布で迎える塾

WISCなどの検査が開発・改良されるのと並行して、学習のメカニズムについても多くの新しいことがわかってきています。
学習には、言語理解や視覚認知、ワーキングメモリや処理速度等の、多数の能力が組み合わされて用いられますが、人によりこれらの能力のもともとの高低、バラツキが違っており、その程度が大きいと、通常の学習に支障をきたしてくることがあります。
とくに、一度新たに学習した事項の定着には、ワーキングメモリを通した、長期記憶とのやり取りもとても大切で、そのためにはどうしても反復してそのやり取りの回路を太くしておく必要はあります。
そこで「らせん方式」という方法を採用して、生徒さんに指導を行うようにしております。名前の由来にもなっている螺旋階段を登るかのように、一つの単元が終了したらその単元の復習を繰り返し進めていきながら、新しい単元の基礎学習も進めていく学習方法です。そうすることで、一つの単元ごとの理解力と応用力を養いながら長期記憶化していき、結果的に急いで先に進む学習法よりも短期間で目標とする学力が身に付いてまいります。効率だけを考えるわけではありませんが、進捗のテンポも、学習意欲という面で大切です。理解力と応用力を確実に身に付け、共に目標へ向かって進んでいきましょう。

不登校で悩む生徒様と共に歩む塾を調布と世田谷で開校

何らかの事情があって学校や塾に通学することに難しさを感じてしまった生徒さんは、日本にも多数いらっしゃいます。例えば、発達障害の傾向が見られて周りの空気をうまく読めず上手に振舞えなかったり、じっとしていることが苦手で授業中に体が動いてしまう子もいます。また、人間関係につまずいたり、疾病があって学校に間に合うように起きることが困難な不調を持った子もいらっしゃいます。
学習がうまくいかない生徒には、学習理論に基づいて適切な支援を行い、心の問題に悩む生徒、意欲の持てない状態の生徒には心理的なサポートを行って、ともに安心して学べる学び舎を調布と世田谷で提供してまいりました。