調布の塾・完全個別ゼミ

の評判

生徒さんが塾で何をして何を目指したいのかを世田谷と調布でサポート

講師から提示された通りにカリキュラムを進め、学校や塾で学習を進めていくだけでは、生徒さんが自分で試行錯誤して進められる範囲も狭く学習意欲を削がれがちです。
そこで、調布と世田谷を拠点に生徒さん達を指導していくにあたっては、それぞれの自律性を尊重し、多様性を受け入れることを非常に重視した教育方針を採用してまいりました。他者との価値観の違い・特性・得手不得手などをありのままに受け入れ相互理解する懐の深さと、社会に出てリーダーシップをとることのできる実力、これらを兼ね備えた生徒さん達が育っています。

生徒さんと世田谷と調布で向き合う際に、ボトムアップ教育を行い塾を運営

従来の「インテグレーション教育」をトップダウン型に例えるなら、「インクルーシブ教育」はボトムアップ型の教育であると例えられます。学習環境で生徒さんをインテグレーション(統合)するには、教育する側が最適と判断した学習をそのまま生徒さんに指導する教育が必要です。これはただ上から与えられたことをこなすだけで、生徒さんそれぞれの個性を考慮にいれていないため、それに合わせられる人しかついていけません。
一方でインクルーシブ(包括)する教育は、各自の個性や価値観・特性の違いをありのままに理解して、その違いを尊重した上で多様性を包括しながら教育を進めていくようなイメージです。生徒さん一人ひとりに柔軟に対応した学習ペースと学習内容を進め、一人ひとり違ったペースで進むことを基本とするこの教育法によって、従来では適応できなかった子ども達も一緒にいられるようになり、相互理解を深めた上で、さらに自律性が育まれていき意欲的な人材へと成長してまいります。
それぞれがそれぞれに合った内容や方法で進めながら、自身の世界を閉ざさず、他者の学習内容や姿勢に触れることによって刺激を受けて、常に自身を外部に対してオープンに開いて学ぼうとする姿勢を涵養します。

意欲を尊重し、育て、できることから始める教育を世田谷と調布で実施

子ども達の個性と自律性を尊重する「インクルーシブ教育」実現の一環を担っているのは、学習を生徒さん一人ひとりに最適化させて進めることです。そのために基本的に生徒さん一人に対して講師一人が授業を担当する個別指導形式での対応であり、生徒様に最適と考えられるオーダーメイドの学習カリキュラムをプロが作成してまいりました。
その中でどのように勉強への意欲を高めていくかと考えたときに、「できるかも」という感覚、達成感を得られるように進めることが大切になってまいります。スポーツでも、試合に勝てないようなハイレベルな相手とばかり試合していてはモチベーションが続きません。最近の研究では、無気力は、努力しても外部の環境に好ましい変化を作ることができず、「どうせやってもだめだ」という感覚から生じることがわかっています。そこで、自分より少しローレベルまたは実力が拮抗する相手と試合を重ねることで、自身の力を確認することを楽しみます。勉強でも同様に、まずは挑戦すれば解決可能な課題に取り組みむところからスタートして、自己効力感を積み重ね徐々に応用的な課題を増やしていくことで、学習とは本来、これだけのことができるようになった、という感覚を味わう楽しいものという認識を共有し指導を進めます。

「i+1」の教育を塾では心がけており、学力の向上を世田谷と調布で図る

「i+1」というプログラミングでよく見かける数式のようなものが出てまいりましたが、これは塾で掲げる教育方針の一つであり、生徒さんの学力を向上させていく上で非常に大切なものです。まずは易しい課題から挑戦して自身の理解を確認できたら、その次に必要なのは1ステップ上の負荷です。スポーツでも高みを目指すのであれば、自分の技術を強化するため、より強い負荷を段階的にかけてトレーニングしていくことが必要になってまいります。
今の生徒さんの学力(=i)にプラス1くらいの負荷がかかる演習を織り混ぜていくことで、既に学んだことを生かし関連付けて、新たなより複雑な状況を処理することに挑戦して、認知量を増やしていきます。上手くいかないこともあることでしょう。どうしたらそのハードルを越えられるのか、自身の認知を見つめ、分析し、修正して、また挑戦します。クリアできたときにはワンステップ上がった自分になっています。自身が望む目的やニーズに合わせて、どうしたらそこまで行けるか、そのプロセスをみんなとても楽しんでいるようです。世田谷や調布という恵まれた環境で、楽しんで学べていけるように工夫をし続ける努力をしていこうと思っております。