東大の英語構文 第19講 2021 1A、1B

query_builder 2021/07/19
東大の英語構文
phpdBRknm_582eb6ec4528e


(1)Homework Check
①Point 1⃣・形容詞は後ろから修飾することもある。
    2⃣・指示代名詞は何を指しているのか確認する。
1⃣等位接続詞のbut以下、主語がありませんが、同じものを結ぶという等位接続詞の性質から考えて主語はthis mismatch。changesまでで受け身が完成していますが、changesの後に形容詞のunderwayが来ています。in the parent-child relationship・・・以下長い句がきてそれがchangesを修飾しているので、長いので後ろに置かれているわけです。
relationshipにも長い分詞の後置修飾、desireには一語なので分詞の前置修飾。desireは前置詞forと仲がいいですね。
2⃣point outが他動詞で、that以下の節が目的語になっています。ダッシュ以下はその前文の説明。while以下ですが、the teenagers compare A against BでAをBと比較するわけですから、AとBとは対になるものですよね。ですので、Aはtheir own featuresなのですから、Bも(the)featuresです。


1.(the) featrures
2.1⃣と2⃣両方です。意見が異なる理由を2つ説明しているそれぞれの文だからです。


「この不一致は、最初は矛盾しているように見えるかもしれないが、10代が、自律とプライバシーをますます望んでいくことによって引き起こされていく親子関係において進行中の大きな変化によって、おそらく説明されうる。研究者が指摘するのはまた、親と10代の若者は異なる基準点を用いている―親は自分の10代のこの特徴を典型的な大人と比べて測っているが、10代は自身の特徴を、その仲間たちによって示される特徴と比較して測っている。」


②Point1⃣・whichは関係代名詞の非継続用法。
1⃣whichはstudiesを受けています。revealが三単現になっていることで確認できます。advantageousは若者ならではの良さ、ということでしょう。
2⃣thereforeは、further studiesでも同様のことが言える、という前文の内容を受けて、ゆえに正確と言える、と受けているのでしょう。


1.非制限用法。先行詞はstudies。
2.結論になっている2⃣で良いでしょう。


「これは いくつかのさらなる研究と合っていて、それも、若者らしいいい所―とくに気持ちの良さと自己を律するところ―における一時的な退行の型を明らかにしている。一時的な人格的な葛藤としての10代の年代の一般的なイメージは、それゆえ、正確であるようだ。」


(2)演習(2021 東京大学 1A)70~80字の日本語で要約せよ。
第1パラグラフ:10代の人格における、すぐに元に戻りはするが、よくない変化が調査で明らかになっている。
第2パラグラフ:親と子で見方が違う。
第3パラグラフ:矛盾しているようだが、子供側の欲求が大きくなり親子関係が変化すること、そして親子では基準が違うことがその原因。
第4パラグラフ:いくつかのさらなる研究でもこのことは確認できる。
各パラグラフをまとめると上のようになるが、第4パラグラフは再確認であるから不要です。第1パラグラフから第3パラグラフまでを80字以内でまとめればよいです。


「すぐに元に戻りはするが、人格のよくない変化が10代に起こることが確かめられているが、そのことに対する見方は親子で違っており、それは子が自律とプライバシーをより望むようになることから変化する親子関係と、親は大人を基準とし子は仲間を基準とするという違いが原因となっている。」
これで133字で大幅にオーバー。削って骨の部分だけ残し、言葉を短く変換していきます。


「10代の人格の劣化が確かめられているが、親子で見方が違っており、それは子が自律とプライバシーを望んで変化する親子関係と、親は大人、子は仲間を基準とするという違いが原因である。」
これで86字。


「10代の人格の劣化が確かめられているが、親子で見方が異なり、子が自律とプライバシーを望み変化する親子関係と、親は大人、子は仲間を基準とするという違いが原因である。」
これで80字ピッタリです。


(3)Point2⃣・名詞+that+完全文は、同格の名詞節。
    4⃣・主語の省略は主語を補おう。
③演習(2021 東京大学 1B)
1⃣Many artists are turned off by artificial intelligence.
2⃣They may be discouraged by fears that A.I., with its efficiency, will take away people's jobs.
3⃣They may question the ability of machines to be creative.
4⃣Or they may have a desire to explore A.I.'s uses-but aren't able to understand its technical terms.


1⃣turn offをどう訳すか?電気を消すときに使いますよね。「多くの芸術家は人工知能によって消される。」では怖いので、「とってかわられる」ぐらいでしょうか。
2⃣that節の中は完全文なので、that節は名詞節。名詞節を作るthatは接続詞です。名詞の後に来て同格を表します。
3⃣questionは通常名詞でよく見るかもしれませんが、このquestionは動詞の位置にあるので動詞として読みます。to不定詞は形容詞的用法でmachinesにかけたり副詞的用法にすると意味がよくわからないので、the ability to be creativeとして、「クリエイティブであるという能力」としておきます。
4⃣areの主語は既出の複数名詞からartists。itsは何を指しているかというとtechnical termsにかかっているのでA.Iのことでしょう。


―thesis statement(そのパラグラフの中で一文だけ取り上げるとしたら)・・・1⃣


「多くの芸術家は人工知能によってとってかわられている。彼らは、A.I.は、効率的なので、人々の仕事を取り去るだろうという恐れによって落胆指しているかもしれない。彼らは機械の創造的であるという能力疑うかもしれない。あるいは彼らはA.I.の使用を模索したいと思っているかもしれない―が、その技術用語を理解できないかもしれない。」


(4)Homework(2021 東京大学 1B)

1⃣This all reminds me of when people were similarly doubtful of another technology:the camera.
2⃣In the 19th century, with the invention of modern photography, cameras introduced both challenges and benefits.
3⃣While some artists embraced the technoligy, others saw them as alien devices that required expertise to operate.
4⃣Some felt that this posed a threat to their jobs.
―次の問いを考えてみましょう。
1.3⃣thatの文法的な説明をしてみましょう。
2.thesis statementはどれですか?
―訳してみましょう。



1⃣But for those artists willing to explore cameras as tools in their work, the possibilities of photography proved inspiring.
2⃣Indeed cameras, which became more accessible to the average user with advancements in technology, offered another thechnique and form for artistic endeavors like portrait-making.
―次の問いを考えてみましょう。
1.1⃣主語と動詞はどれですか?
2.andは何と何とを結んでいるでしょうか?
3.thesis statementはどれですか?
―訳してみましょう。





方法が、ある」SMK



<調布ゼミ>

住所    〒182-0026 東京都調布市小島町1-4-6 三田調布シティハウス107
アクセス  【電車】京王線調布駅中央口を出て、線路沿いに府中方面へ徒歩一分。
      【自転車の方】前に無料の駐輪場があります。
TEL    042-426-7295
お休み   年末年始、夏季休業

当塾facebookページはこちら
http://on.fb.me/1W1muwB


<世田谷ゼミ>

住所    〒154-0017 東京都世田谷区世田谷3-2-2 メルシー世田谷103
アクセス  【電車】東急世田谷線世田谷駅下車、徒歩20秒。
      【自転車の方】隣に駐輪場があります。
TEL    03-6804-4076
お休み   年末年始、夏季休業


当塾facebookページはこちら
https://www.facebook.com/%E5%AE%8C%E5%85%A8%E5%80%8B%E5%88%A5-%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7%E3%82%BC%E3%83%9F-105962291577614